近赤外研究会は、近赤外分光法などの非破壊計測技術や、ケモメトリックス等のデータ解析についての情報交流を目的とした
近赤外フォーラム」を主催する団体です.



新型コロナウイルス感染により亡くなられた方に謹んでお悔やみ申し上げますとともに、感染された方々の一刻も早いご回復を心よりお祈り申し上げます。

次回の第36回近赤外フォーラムは予定どおり2020年11月24日(火)〜26日(木)に東京大学弥生講堂(東京都文京区弥生1-1-1 農学部内)にて開催予定です。

感染症予防の観点から、オンライン配信を含む開催方法を検討しています。詳細については随時本サイトや第36回近赤外フォーラムのサイトに掲載します.



第35回近赤外フォーラムは終了いたしました。大勢のご参加ありがとうございました。

第1回から34回までの講演タイトル一覧はこちら(PDF)。
講演要旨バックナンバー頒布中!詳しくはこちら


JCNIRS Award 2020候補者募集 

近赤外研究会ではNJCNIRS Award 2020候補者の募集を開始しました。日本およびアジア・オセアニア地域における近赤外分光法の基礎研究、実用研究および技術普及に多大な貢献をされた方が対象です。
表彰式および受賞講演は、第36回近赤外フォーラム(2020年11月24日〜26日、東京)において行います。

・募集締切:2020年 6月30日(月)
・詳細は→ こちら

NIR Advance Award 2020 候補者募集 

近赤外研究会ではNIR Advance Award候補者の募集を開始しました。本賞は、当該年度および過去2〜3年間に報告された近赤外分光法に関する顕著な研究業績(研究論文、学位論文、実用化事例など)を対象とします。相応しい研究業績がありましたら、下記のページから推薦書をダウンロードし、事務局までお送り下さい。
表彰式および受賞講演は、第36回近赤外フォーラム(2020年11月24日〜26日、東京)において行います。

・募集締切:2020年 6月30日(火)
・詳細は→ こちら

Student Travel Award 2020 募集について 

第36回近赤外フォーラム(東京)に参加する学生のため費用の一部をサポートするStudent Travel Awardの募集を開始いたしました。
なお、応募は指導教員が行うことになっていますので、ご注意ください。
応募詳細はこちら→ http://jcnirs.org/files/Travel_Award.html
・ 提出期限:2020年 8月31日(月)
・ 結果通知:2019年 9月 7日(月)予定


19th ANISG conference開催のお知らせ 

19th Australian Near Infrared Spectroscopy Group (ANISG) conference
開催時期:2020年 8月17日(月)〜18日(火) → 無期限延期の発表がありました
開催場所:Rydges Esplanade Cairns, Australia
Pre-conference workshop あり
 8月15日-16日 "Process Analytical Technology" presented by Brad Swarbrick and Steve Hammond
 8月16日 "R for Spectroscopy" presented by Nick Anderson
詳細: FIRST ANNOUNCEMENT - ANISG 2020 (PDF)